オフィスデザインをしてもらおう!企業ランキング

TOP > オフィスデザイン情報 > オフィスデザインってなに?

オフィスデザインってなに?

 オフィスのための空間につきましては普通では作業のための空間という形でその状況が望ましいか、改善すべきかということについてはそれほど意識が持たれていないケースが多いです。その背景として作業空間に対して投資するという発想が初めから無いケースが少なくないからです。
捉え方としましては従業員の頭数から面積を計算して、そこへ詰込めば良いとするケースが少なくありません。しかし最近、会社の代表もまず第一に能率を上げるにはオフィスのための空間に対して投資した方がよいといったところに認識し始めたということがあります。会社組織は従業員などが集まってくる所といえます。それから仕事に関しては相互に意思疎通をはかってネットワークとして一定の方向性に向かうことが重要になります。 そのため会社の執務のための空間を理解してオフィスデザインに沿って実施することが求められます。オフィスデザインとは、こうしたことを具現化するために必要になるものといえます。

 効率の良い仕事環境を実現するためには、必要とされる事務機、あるいは家具のレイアウト、それに能率的かつスムーズに仕事に就ける安定感が得られるような場所が不可欠になります。それから、オフィスのデザインに取り組むうえで、そのコンセプト自体が明瞭であることはとても重要なことになります。その理由は、オフィスとは会社組織そのものでありまして、会社の業務の発信ポイントであって、 顕在化されている空間は人に非常に大きな影響がもたらされるためです。
デザインコンセプトと言いますのは、オフィスをデザインする際の背景となる理念ということを意味します。これに関しては会社組織のありようという根本的コンセプトそして、 別の会社にはない築いてきた歴史や意図などの特色を合わせて形作ります。

 デザイン性の中枢となるコンセプトを決定することは会社組織のベネフィットにも結び付くことにもなります。そのメリットについてですが、まず第一に、コンセプトそのものが道しるべと化して、デザイナーはオフィスに関してのプライオリティを置くべきところが把握して、 得るもののない部分に費用を掛けることをしません。それに加えて、はっきりとしたデザインコンセプトが整備されているオフィスは、デザイン性において、他との区別化となり、オフィスそのものがクライアントに会社組織の魅力を提示するツールとなります。
その上、常日頃からそうしたオフィスで就業している従業員に取りましてもコンセプト自体が根付き、 勤務場所の周辺環境を含めた総合的な企業ブランドが強くなります。 目標にフィットする勤めやすいオフィスとなることも望めます。

ページトップへ